旦那の叔父の葬儀が凄く衝撃的だった

IS107104835_TP_V

201: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24 21:19:29 ID:6LM8VVUY
旦那の叔父の葬儀が凄く衝撃的だった。 
お通夜と式は普通だったけど火葬場で衝撃の連続。 
田舎だからか炉が3つしかないから、火を入れるボタンを奥さんが泣き崩れて押せないでいると「次の予定ありますので私が押しますねー(ぽち)」と火葬場職員。 
自分の地元じゃ炉が20くらいあるから遺族が押すまで待ってくれるから衝撃的だった。 

焼きあがってお骨を拾いに行くと更に衝撃の連続。 
自分の地元じゃ基本的に遺族が全て拾うんだけど そこではいきなり職員が「えーと、これが頭蓋骨。蓋になるからよけときます」と手掴みでお骨拾って横によけた。 
私の地元では遺族に拾ってもらって骨壺の蓋に布を敷いた上に置いて祭壇みたいなところに置く。決してそのまま机?に直置きしない。 
更に手掴みで喉仏を拾って奥さんの手のひらに「熱くないですから」って乗せる職員。手掴みするなよ。 
親族がお骨拾って入らなくなってきたらじゃんじゃか箸でつついてお骨を折る職員。私の地元は遺族に折ってもらうから衝撃的だった。 
最後にはスコップみたいなので「入るだけ入れちゃいますね」と乱雑に入れる始末。

続きを読む

コメントは受け付けていません。