新郎祖父が男尊女卑主義の家長様だった→その数々のエピソードがwwwwww

renai_lovelovephoto (242)
556: 名無しの恋愛速報さん 2008/11/07(金) 18:51:14
新郎祖父が男尊女卑主義の家長様だった。 
「神前式で料理はこうで衣装は(ryの式を挙げろ」 
とを言ったのに、新郎新婦の希望で 
ごく普通のウエディングチャペル式になったのが気にくわなかったらしくて 
「家長は誰だと思ってるんだ」 
と式の間ずっとぶちぶち言っていた。 

披露宴が始まってからは、 
「家長を立ててうんたら」 
とスピーチを始めて、 
「○子(新婦を呼び捨てだった…)は嫁に来るんだから、従うべきは新郎祖父だとわきまえて 
もう二度とこういう暴挙はするな」 
というようなことを言ってまわりを唖然とさせた。 
その後に新婦両親と新婦祖父母に 
「○子は新郎家の嫁に入ったから、氏んだものと思ってもう会わないでくれ」 
と言って、新郎父に止めに入られてた。 
顛末を後から聞いた新郎が、 
「じいちゃんの言ってることがよくわからない、 
なんで○子がじいちゃんの言うことを全部聞かなきゃいけないんだ」 
と言って、新婦祖父に 
「家長に逆らうな」 
と杖で殴られた。 
さすがに「これはやばい」と思ったらしい新郎親族に連れられて、新郎祖父は退場していった。 
「結婚をやめて戻ってきなさい」と新婦両親は言って、新婦祖父母は泣いていた。 
新婦はこの時は事情がよくのみこめてなかったらしくて、困っていた。 
結局お祝いムードはないまま、披露宴は解散になった。 

新郎と新郎祖父は別居で年に二、三回しか会わなくて、俺様な人だと知らなかったそうだ。 
「両家の祖父母も式に呼んでやれ」とおじさんに言われて、両家を呼んだらしい。 
両家とも祖父母が同居じゃないから、新婦は顔合わせもしてなかったそうだ。

続きを読む

コメントは受け付けていません。