彼「五体満足に産まれて脳にダメージも無いのに『障害』と名の付くのはおかしい。」

TOMcatDSC02346_TP_V

435: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/14(火) 13:30:43 ID:p4MTnC6X
学生の頃付き合ってた彼氏(同じゼミ)がかなり差別する人だった。 

私と彼氏のゼミである日、うつ病(特に過食症や摂食障害、ODなどについて)を取り扱ったんだが、 
うつ病の人には場合によって病気手帳が渡され、公的補助が支給されるケースがあると知った彼氏は 
「五体満足に産まれて脳にダメージも無いのに『障害』と名の付くのはおかしい。 
手が無いとか本当にハンデがある人に失礼だから『病気』あつかいはやめるべき。 
障害と名前をつけることで優遇されたいことの現われに見える」 

みたく発言して、周りドン引き。 

なんというか、弱者に対してすごく差別意識があって 
「そもそも病気に公的補助があるということは、自分たちの税金があるからできる 
養ってやってるんだからデカい顔するな」 
のようなことを、病気(とかその親)の前で言っちゃう。 
目が見えない人が杖突いて歩いてたり盲導犬を連れてたり、補助犬可のステッカーを見たりするだけで 
「邪魔だなぁ。もっと小さくなって過ごせ」と悪態。 

次の年、ゼミ後輩が入ってきて、その中に 
足の障害を抱え、車椅子に乗って普通小学校に行ってる弟さんを持つ子がいた。 
(知的障害はナシ。市と小学校の許可は得ていて、介添え人つき。さらに車椅子スポーツで活躍してる子) 
ゼミの先生が、その弟さんの車椅子スポーツ大会の見学に行きたい、と口にしたら 
彼氏が 
「スポーツできるのだからその子は病気ではない。車椅子をやめてひとりで這って学校にいかせるべき。 
病気ではないから学校の車椅子のための特別仕様はおかしい。補助が出てるのも変」 
と発言して、ゼミ後輩を泣かせた。 

私はその場で謝りながら彼氏を引きずってゼミ室を出て、別れを告げた。 
なんか彼の言ってることが最後まで全然わからなかった。 
彼の病気の基準って何だったんだろう。


続きを読む

コメントは受け付けていません。