「物を盗むことに生き甲斐」“クレプトマニア”、やめられない癖と苦悩

21: 可愛い奥様 2012/08/13 20:08:23 ID:SKs20erY0
とにかくお金に関すること。子供のころから手癖がわるい。 
実家は自営業で現金がいつも手に届くところにあった。 

盲腸で入院していた時は、同室の患者さんのお財布から抜き取っていた。 
今と違って、鍵のかかるような引出ではなかった。 
「あら? 一枚足りない?」 そのくらいがバレない。 
待合室で寝込んでいる人のバックからも抜いた。 

会社勤めするようになって、経理も総務もやっていたので、 
社長の接待交際費として、自分で領収書を発行させていた。 

他人からは、いい人っぽく見えるらしいけど、どす黒い性格。 
万引きはしなかった、とにかく現金だけ。 
バレない金額が身についた。 

子宮の病気で生理がなくなった。 
同時に窃盗も嘘のようになくなった。 
「病んで止む」って本当だなと思った。 

そういえば、最初に実家のレジからお金を盗ったのも 
生理が始まった頃から。 

お金に困っていたわけでもなかったし、 
なにかものすごく欲しいわけでもなかったのに、 
なんでだろう? 食べ物や服なんかでどうってことなく消えていくのに。 
30年も続けていた。 

バレなかったのは友人からは盗らないことを決めていたからかな? 

今のように防犯カメラがアチコチにあったら絶対に捕まっていたと思う。

続きを読む

コメントは受け付けていません。