彼「ネー!汗かくのすっごいイヤなのに新作も着なきゃいけないし辛いです~!新作は素敵だけど汗はイヤ!」

501: おさかなくわえた名無しさん 2012/10/02(火) 16:26:26.07 ID:pXXajvoR
いきなり思い出したので流れ豚切り 

元カレと別れて結構すぐ知り合った店員さんをちょっといいなと思っていた 
一人の客に対し担当の店員さんが一人つくような店で 
いいなと思った人は私の担当の店員さんではないんだけど、担当さんと話す合間で一緒に話したり 
担当さんが他の服を取りに行っている間にちょこちょこお喋りできる程度には仲良くなっていた 
立ち居振る舞いや物腰が穏やかで、声も大きすぎず丁度いいトーンで心地よい喋り方をする人だったが 
その彼との接点が「買い物や店のイベントのとき」しかなかったし、しかも私の担当ではないし 
本当にただほのかにいいなあと憧れていた 

そのときはA/Wコレクションイベントの最中で、店の中が少し暑かった 
来店するとその彼が丁度空きの時間だったようで、担当さんがちょっと外したすきに 
「店内ちょっと暑いですよね」と話しかけた 
「ネー!汗かくのすっごいイヤなのに新作も着なきゃいけないし辛いです~!新作は素敵だけど汗はイヤ!」 

オネエだった 

今までは感情をあらわにしなかったからわからなかったけど、暑いことで感情的になったらしい 
物腰が穏やかな理由も、声のトーンが心地よい理由もようやくわかった瞬間だった 
なんでそれまで気づかなかったんだろう、自分 
ぶっちゃけ私はオネエでも構わないが、彼には私が女ってだけでもうムリだろうと思って冷めたというか諦めた 
長レスすまん

続きを読む

コメントは受け付けていません。