セクハラという言葉も、ストーカーという言葉もなかった時代の話

143: 可愛い奥様 2010/10/29(金) 14:12:22 ID:qUBF8TEx0
セクハラって言葉がなかった20年くらい前 
働いていた職場の同僚(アメ人)にセクハラされた 
最初は英語のわけわからんメッセージカードをこっそり 
引出しの中に入れる 
当時学校卒業したばかりでウブだった自分恐怖で上司にも相談できず 

しばらくすると○月○日○○公園で一緒に星を見よう待ってる 
みたいな手紙をこっそり机の引出しに入れる 
バカジャネーノと握りつぶしてゴミ箱行き 
指定日の翌日オフィスの陰に呼び出された 
怒った顔で「何故昨日こなかった?待ってたのに」と 
「ハァ?なにふざけてんの?こっちは彼氏もいるのになに考えてるわけ?ヤメロゴラァ」 
っていくら言ってもこっちは本気だの一点張り 
歳の近いイケメンならちょっと考えたかもしれんが 
相手は50過ぎたチビのおっさんだった 
もちろん妻子(子は成人)あり 
ものすごく気持ち悪くなってしばらくして会社辞めた 
そしたら実家にバラの花束と封筒が 
中を開けるとゴルフプレーする自分を望遠レンズで撮影した写真数枚 
辞める半年前に行った会社の慰安旅行でゴルフやったんだけど盗撮してたらしい 
それと汚い字で書かれた英語のポエム 
住所をどうやって調べたのかもう、ただただぞっとして叩き捨てた 
私の留守中差出人をろくに確認せず受け取った母と大喧嘩 
(母にはこの男の話は知ってた) 

その後何度か手紙が来たが封を切らずにゴミ箱行き 
何年か経って風の便りに奥さんと離婚したと聞いた 
どうも理由が私にポエム書いたり写真現像してたのがバレたみたい

続きを読む

コメントは受け付けていません。