『私は子供ができない』と告白された時に結婚の意志を固めた話

966: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/27 21:25:54
上に子宝に恵まれない人の話があるが、ウチもそんな感じ。 
子供ができない事を告白された時に結婚の意志を固めたのも同じだ。 
もう10年も前になるのか。早いもんだよ。

967: 966 2010/09/27 21:27:32
職場にちょっと気になる女性がいたが、その女性は彼氏に二股かけられて振られて 
ある日オレの目の前で手首を切りそのまま入院→退職となる。 
オレ自身も過去に付き合ってた女性から二股かけられて振られた経験があったから 
どうして何の力にもなってやれなかったんだろうとしばらく自分を責めたりもした。 
嫁と出会ったのは、無力感に苛まれひたすら凹みまくる日々からようやく立ち直りかけた頃。 

事務所でパソコンを叩いているオレの所へ、上司に職場内を案内されて嫁がやって来る。 
黒髪ショートにメガネの彼女はモロに自分の好みのタイプだった。 
滑り込みでウチの職場へ就職を決めた彼女、その年の新入職員女性4人の中で一番可愛かった。 
連絡網を作るのに彼女らに電話番号を聞いて「私ケータイないんです~、天然記念物なんです~」と 
笑顔で言われた時は「マジでこの娘カワイイかも」と思い始めていた。

968: 966 2010/09/27 21:29:54
その後夜勤が一緒になったり飲み会で隣同士になったりして少しずつ打ち解けていき 
彼女も多少ヲタな気質があり、お互いの趣味の話題などで盛り上がるようになっていった。 
価値観も合い、見た目もタイプ。胸がないことさえ目をつぶればまさに理想の女性だった。 
彼女が携帯を買ったと聞いた時は最初に彼女のメアドをゲットして喜んだものだ。 
オレが飲み会で飲みすぎてブッ潰れて記憶をなくした時があったのだが、 
彼女がかいがいしくオレの介抱をしてくれていたと後で同僚に聞き嬉しかったのを覚えている。 

後で聞いた話だが、彼女はオレの事を以前から知っていたらしい。 
どういうことかと言うと、オレはとある雑誌の読者コーナーの常連投稿者だった。 
そして似た趣味を持つ彼女もその雑誌の読者であり、オレの投稿も楽しんで見ていたらしい。 
ウチの職場では広報紙を発行していて、オレもそれに携わっていたのだが、 
オレがその雑誌で使っていたペンネームをそのまま使用して記事を書いてるのを見て嫁は 
「ああ世間ってなんて狭いんだろう」と思ったという。

続きを読む

コメントは受け付けていません。