“水曜 定休日 ただし、雨の日は営業いたします”  ・・・誰のことでしょう?

50: 癒されたい名無しさん 2006/12/10 22:15:45 ID:OLFPHGoD
ニューヨークの郊外にその喫茶店はあった。 
店の名前と 

“水曜 定休日” 

とだけ書かれたぶっきらぼうな看板の奥にひっそりと佇む。 
店のマスターは無口で頑固。 
その店のジュークボックスには 
マスターが好きな、イギリス出身で世界的に大ブレークした、 
今はもう解散してしまったグループの曲しかない。 


ある年のちょうど今くらいの季節。 
その日は昼下がりに突然大雨が降り出した。 
通りには濡れながら急ぎ足で行き交う人々。 
その中の1人が店に入ってきた。 

全身が濡れそぼり寒さでガタガタ震えるその男は、 
マスターが好きなバンドのメンバーの1人だった。 
おそらくその事に気付いたのであろう。 
マスターは一瞬目を見張り動きを止める。 
しかしすぐに手馴れた作業に戻り、 
注文されたコーヒーと乾いたタオルを差し出す。 

続く

続きを読む

コメントは受け付けていません。