貧乏人なくせにそこしか受からなかったお嬢様大学(3流)でカツカツの生活をしていた私がとった驚異的行動

323: 可愛い奥様 2010/03/18(木) 14:33:20 ID:Q89S8s7o0
もう17年も前のことだから時候と思いたい。 
そして自分の頭の中からも記憶を消したい過去。 

貧乏人なくせにそこしか受からなかったお嬢様大学(3流)でカツカツの生活をしていた私。 
仕送りがほとんどなかったため、バイトに明け暮れる毎日。 

もちろん贅沢な生活を満喫している同級生達と話が合うはずもない。 
とても孤独を感じていたある日、自炊の買出しをするため近所のスーパーに行く。 
それまでの人生で高級な牛肉というものを食べたことがなかった。 
牛肉といえばコマ、見たいな感覚しかなかったほど。。 

牛肉の陳列棚に目をやると最上段にはけた違いの高級和牛が。 

もうなぜそんなことをしてしまったのか、
魔がさしたという言葉がこれほどぴったりくる瞬間ほかにない。 
小さめだけど分厚い塊のパックを自分のバッグの中に入れてしまった。

それほど食べたい!とも思わなかったはずなのに。 
なんかものすごく冷静にほかの買い物をして、
レジに並び、かごの中だけの商品分お金を払った。 

店を出たところで化粧の厚いおばさんに腕をそっと掴まれた。 
店員ではないようだったが、万引きGメンみたいなのと思った。 

小さい声で確かへらっと笑いながら<ごめんなさい、ゆるして‥>と言ったのを覚えている。 
それからすぐ近くに自分のアパートがあることを話したら 
おばさんは<そこで話しましょうか>とにこにこしている。そのままアパートへ。 


部屋に着くと急に泣けてきて謝りまくったが、ふとみるとおばさんが、
気持ち悪くニヤッと笑った。 

あまりにショックだったからか、幽体離脱状態になっていた気がする。 
記憶も、自分とおばさんを見下ろして眺めている自分、という感じになっている。 

すぐに引っ越した。大学も辞めた。あの町には二度といっていないし、当時の知人もさっぱりいない。 
今は結婚して子どもも旦那もいるが、あのことは本当に誰にも話せない。 

肉は捨てた。 
長文駄文失礼しました。

続きを読む

コメントは受け付けていません。