嫁が「君は愛情が足りないよ」とよく俺の時計に説教しているんだがwwwwwww

755: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/07/12(火) 20:20:20.60
丁稚羊羹の好きな嫁と古い腕時計 

就職した時に父に時計を買ってもらった。 
国産メーカーの手巻き機械式で一番安い奴だった。 

もらう時父から社会人としてちゃんとする場面では 
靴と時計と傘は良い物を身に着けろと言われた。 
別に逆らう理由はないのでその規範を守っている。 

よくよく考えれば、ちゃんとしなくて良い場面では 
ズボラでもOKという意味なので、、 
独身時代は携帯で時間を見て普段は時計をつけていなかった。 
 ― 古臭いデザインと一日一回の巻上げが面倒だったからだ。 

で、結婚した後に巻くのが面倒だといったら嫁が毎朝巻いてくれるようになった。 
(だからと言って持ち歩かず家に置いておく事が多いのだが) 
巻き上げた回数を嫁が小声で数えるのが目覚まし時計代わりになった。 

時計の巻き上げを日課としているうちに愛着がでたからなのか 
嫁は手巻き機械式時計を可愛いと思うようになった。 
そして去年の暮れに自分用にとクリスマスプレゼントに欲しがった。 

知っている人もいると思うが女物の手巻き腕時計は 
現在非常に高価なものしか売られていない。 
しがないサラリーマンにはとても手が出せない。 
それを伝えると「中古でもいいのに」とショボンとした。 

そこで伝を辿って父の姉が使っていた古い腕時計を入手した。 
50年物だったので汚くなっていた文字盤等のオーバーホールと 
ベルトを新調して(合計で10万以上した)嫁に2ヶ月遅れでプレゼントした。 
嫁は大喜びだった。 

つづく

続きを読む

コメントは受け付けていません。