就職して2ヶ月で妊娠し半年くらいで早めの産休に入った結果wwwww

613: 名無しの恋愛速報さん 2016/04/05(火)07:44:11 ID:jCI
入社して2ヶ月で妊娠、つわりがひどく、その後半年くらいで早めの産休に入った人がいた。
彼女は不妊治療を3年半くらいやっていたらしいんだけど、それでもできなかったから、もう治療はやめて自然に任せる形にしようということになり、就職したら2ヶ月で授かったということだった。
これは彼女自身の口から、入社してすぐの妊娠で迷惑かけてすみませんという話の時に聞かされたので、現場は全員知ってる。
うちは資格のいる専門職なんだけど、その人は元々同業他社で長年経験があり、不妊治療で休みをとることが多くなって退職した人だったから仕事はできていたし、うちの職場には保育園がついているので復帰もほぼ確実。
入院指示が出るまでは、悪阻もあったのに時には残業もバリバリやって人一倍気を使っていた。
彼女の代わりの人員も来たし、その人も元うちの会社の社員で子育てで退職した人だから仕事も普通にできる。
だから私たち現場の社員にはまったく迷惑はかかっていないのに、好きだった先輩がずっと文句を言っていた。
社会人としてありえない。自然に任せることにしたなら、入社して数年、せめて一年は避妊すべきだっていうのが主な主張。
他の先輩が、でもずっと不妊治療してできなかったし、それで数年経ったらますます妊娠できなくなっちゃうよ、
会社ももちろん大事だけど、子どもに関しては取り返しがつかないし、会社も責任取れないよ、不妊治療ってすごく高いから、稼がないと続けられないし、
貯金全部使い果たす人もいるんだよと言っても、でも社会人としての責任が、つわりくらいただの吐き気でしょうと力説。
その時点でうーん…と思ってたんだけど、先日その先輩が激しい二日酔いで毎日出勤してヘロヘロだった。
4日目くらいに、上司が辛いか?4日でそんな顔するなよ。それが数ヶ月続くのが悪阻だ、今日も朝まで飲むぞと言っていた。
続きを読む

コメントは受け付けていません。