【悲劇】叔父夫婦が一度自己破産して、一定期間後に再び4500万の借金を作り、さらにクレクレしてきた

349: おさかなくわえた名無しさん 2004/05/17 22:20:00 ID:23p+jQCX
52才の叔母(父の弟の嫁)。 

実家での法事開始2時間前、まだ朝の時間帯に、叔母夫婦が到着。 
家に入るなり二人そろってソファーに突進、腰を下ろす。 
一息ついて、だらだらと仏壇に手を合わせ、お供えを出し、振り向きざま 
「朝食べてきてないから何か無い?」 
「パンあるやん。温めて。コーヒーもミルクと砂糖入りでお願い」 
お坊さんが来て一通り終わり、昼食と宴会突入。 
叔母はずっと飲んでいて、追加のお酒を持って来ようとした母に 
「おねえさん!もうお酒はいいわ、お酒を持ってくるなら 
このお澄ましをもう一度温めなおして持ってきて!」と 
母の顔の前にお椀をつきだした。母はここで静かに切れた。 
代わりに私が応対すると、「簡っっ単な法事やね!!」と冷笑された。 
父は叔父(弟)と語らっていたのだが、借金の工面をお願いされていた。 
父が断ったところ、自己破産すればいいんだから深く考えなければよいのにと 
父を馬鹿にしたように叔父は笑っていた。 
(叔父夫婦は一度自己破産して、一定期間後に再び4500万の借金を作り、今に至る。) 
そろそろお開きに・・・という雰囲気になって、父の兄夫婦は先に帰った。 
弟夫妻は、お供えのお裾分けなど持ち帰り品をキープした後、全く帰る気配が無い。 
夕食の準備をする時間になってしまい、冷蔵庫や台所まで夫婦で覗き始めた。 
もう来なくていいです。

続きを読む

コメントは受け付けていません。