コロッケ用のポテトマッシャーがなかったので、彼氏のことが嫌いになってしまった

renai_lovelovephoto (326)

245: おさかなくわえた名無しさん 2005/09/27(火) 02:33:13 ID:lpq8dsNJ
大学時代の話。 
当時同じ大学に彼氏がいた。たまたまその日、わたしは取っている講議が少なかったので、 
早めにアパート(共に一人暮らしだった)に帰り、ご飯を作ることにした。 
その日の献立はコロッケで、じゃがいもをふかし、ポテトマッシャーを持っていなかったので 
ひたすらフォークで潰してタネを作っていた。彼はよく食べる人なので多めに 
なるように、もう山ほどコロッケを作ってみた。 
帰宅した頃に何とか出来上がって、一緒に夕食をとっていたのだけれど、 
もくもくと彼は食べる。もう一気に食べ尽くすくらいの勢いで食べる。 
わたしは食べるのが遅いので、おかずが無くならないようになんとか茶わんにキープするのみ。 
それでも自分の食べる分は少なかった。ちょっと淋しかった。 
平らげて「ごちそうさま」の一言もなかった。頑張るんじゃなかったと思うと腹立ってしまい、 
冷めた。あと自分が彼からの「ありがとう」を期待していたこと自体が嫌になった。

続きを読む

コメントは受け付けていません。