今は母親と絶縁し母親から開放されて幸せな生活を送っている

KANOJO2

776: 1/2 2011/09/07(水) 11:28:44.59 ID:X04mY7SJ
社会人になって付き合ってた彼女家に付き合ってますと挨拶に行った。 
したらいきなりお母さんからすごい質問攻め。 
一般的な事を聞かれるのは当たり前だと思ったし、 
学歴収入貯金額ここらへんはお金の事だから将来に関わるし…と思っていたが、やがて過去の恋愛経験まで。 
もちろん自分達の恋愛過程も聞かれた。 
付き合ったきっかけ意識した時期告白の言葉電話で話す内容メールの頻度など根掘り葉掘りすごい。 
彼女のお母さんは気さくな人なんだけどお喋り好きな近所のおばちゃんってタイプで元々ミーハーな性格らしく、 
特に恋愛話が大好きで初対面の人にすぐ彼氏いるの?と聞くような人らしい。 
彼女自身もお母さんとは何度も衝突していたとは聞いていたし、 
過干渉で子離れが出来ないから手紙や郵便物が届くと中身を確認してくるなど 
色々とプライベートを知りたがる人と言われていたがをここまですごかったとは…と思った。 
根掘り葉掘り聞くタイプの人が苦手な自分はものすごく疲れた。 

その数日後、今度はうちの親に彼女を紹介しようと実家に連れてきた日、 
うちの娘をよろしくね!と言う手紙とともに突然の宅急便(野菜や米など)が届いた。 
びっくりしている俺と住所を教えてないのになんで?と言う彼女。 
お礼と言う名目で再度彼女の実家に行って聞いてみたら、 
彼女の自室の部屋が「たまたま」開いてたから、 
「たまたま」窓を開けて換気しようと思って入ったら「たまたま」机の引き出しから紙が出ていて、 
「たまたま」机にぶつかってしまった衝撃で「たまたま」その紙が落ちてきて、 
それが「たまたま」俺が実家にいる時に送った年賀状だった、と笑顔で話してきた。 
正直ゾッとした。

続きを読む

コメントは受け付けていません。